実用新案申請

実用新案申請を検討されるお客様に適切なアドバイス

実用新案と特許の違い

実用新案は特許と比較して、権利化までの費用が安く、短期間というメリットがあります。しかし、権利の有効性の審査がなされない、権利を行使するためには実用新案技術評価書を提示する必要がある、権利の存続期間が短いというデメリットがあります。

実用新案申請、特許申請どちらが有効かご提案いたします。

ご依頼の内容によっては、実用新案よりも特許での権利化の方がお客様にとってメリットが大きい場合があります。光進国際特許事務所では、お客様の依頼内容、意向を考慮し、お客様にとってどちらがより有効であるか、ご提案いたします。