商標登録

商標調査から出願まで丁寧にサポート

登録商標調査

商標は先願主義(先に出願したものに権利が認められる)のため、同一のものや類似するものがあった場合には、登録することができません。そのため事前の商標調査を行うことが非常に重要です。光進国際特許事務所では、ご依頼の商標が登録可能であるかを検討し、お客様へ適切なアドバイスをいたします。

商標出願

商標登録の申請又は出願の際には、商標を用いる商品や役務(えきむ:サービス)の分野を特定する必要があります。ご依頼の商標の使用目的や使用方法をお伺いし、商標がより有効的に活用できる分野のご提案をいたします。

商標登録の出願後は、特許庁からの拒絶理由通知に対応する必要があります。商標取得のためには、拒絶理由通知に適切に対応することが大変重要となります。光進国際特許事務所では、商標取得を有利に進めるべく、お客様へ適切なアドバイスをいたします。