特許出願

質の高いサービスを提供するために

付加価値を産み出す質の高いサービスの提供

光進国際特許事務所では、「技術を掘り下げてサービスの付加価値を高める。」ことを基本的な業務方針としています。当所では、原則として複数の担当者が出願の打ち合わせに出席して、単に技術を理解するだけでなく発明を根本から再検討する方針を採っています。これにより、情報の入り口としての出願の打ち合わせを有意義なものにし、多角的な視点から発明を捉え、将来起こりうる様々な事態を可能な限り想定した出願書類の作成を可能としています。

また、当所では、担当案件以外についても、出願等に至る各段階においてスタッフ相互で概要を把握し意見交換を行うシステムを採用しており、複数スタッフの関与によって客観性を担保するとともに、相互に刺激しあうことによって各スタッフの能力を引き上げることで、サービスの向上を図っています。

最新技術の取得、判例の研究等に日々取り組み、業務にフィードバックさせることで常に質の高いサービスをお客様に提供しています。

お客様の声を反映しサービスの質の向上

サービスの質を向上させるためには、お客様の声を取り入れることが必要不可欠だと考えています。

当所では、定期的にお客様の要望を取りまとめてリスト化し、所内で情報を共有して全員が対応するシステムを採用しています。

大切な知的財産を取り扱う者として

お客様が安心してご依頼頂けるように、依頼案件の迅速・的確な処理、未公開情報等の機密保持、危機管理等を日々心がけており、事務所の管理システムを見直す改善を常に行っております。

処理期限等に関して、パソコンソフトによる管理とあわせて管理台帳による管理を行っておりますが、特に入力や報知に関して2重3重のチェック手段を設けて信頼性を高めた監視システムを構築しております。

方式チェック等に関して、複数の担当者がチェックを行うことは当然として、担当以外の弁理士も案件の概要を把握するシステムを採用しているため、ミスを低減できるだけでなく不測の事態にも適切かつ迅速に対処できる体制となっています。

取扱技術分野

  1. 化学分野全般
    • 高分子、組成物、半導体プロセス、触媒、染料、積層体、化学プラント、化学反応装置、医薬品、薬品、農薬等
  2. 機械・制御分野全般
    • 自動車関係、鉄道関係、事務機器関係、医療機器関係、分析機器、精密加工装置、発電プラント、風力発電装置、ミシン、プラズマ放電技術、レーザ加工技術、樹脂成型技術、食品加工技術、漁業関連技術、滅菌・殺菌技術、包装容器、日用雑貨品
  3. 電気・電子分野全般
    • オーディオ・ビジュアル技術、家電技術、時計、携帯電話、アンテナ装置、磁気ヘッド、半導体製造技術、電子デバイス、半導体搭載システム、半導体その他の微細構造の製造関連技術
  4. 応用物理分野全般
    • 光デバイス、光学システム、各種計測機器
  5. コンピュータ分野全般
    • コンピュータ制御技術、各種機器制御技術、画像処理技術、ソフトウェア、ビジネス関連発明